TOYRO倶楽部のケータイサイト
小さな親切の日


東京大学の茅誠司総長が「小さな親切を勇気をもってやってほしい」と、1963年(昭和38)に行われた同大学の卒業式の告辞で言ったことから、同年のこの日、茅氏を始めとする8名の提唱者によって「小さな親切」運動本部が発足し、記念日となりました。「できる親切はみんなでしよう それが社会の習慣となるように」、「人を信じ、人を愛し、人に尽くす」をスローガンとした運動が進められています。

戻る

(c)自然総研