TOYRO倶楽部のケータイサイト
旅の日


1689年(元禄2)3月27日(新暦5月16日)は、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を始めた日であることから、せわしない現代生活の中で「旅の心」を大切にし、旅のあり方を考え直す日として、1988年(昭和63)に日本旅のペンクラブ(旅ペン)が記念日に制定しました。

戻る

(c)自然総研