TOYRO倶楽部のケータイサイト
春一番名附けの日


「春一番」とは、もともと壱岐や瀬戸内海の漁民の間で使われていた言葉でしたが、気象用語になってから一般的になりました。春本番に先だって数日間にわたって吹く南からの強い風のことで、気象庁は「立春から春分までの間で、日本海で低気圧が発達し、初めて南よりの強風が吹き、気温が上昇する現象」と定義しています。

戻る

(c)自然総研