TOYRO倶楽部のケータイサイト
鏡開き


鏡開きは、お正月に年神様に備えた鏡餅をお雑煮やお汁粉にして食べて、一家の円満を願う行事で、もとは武家社会の風習だったものが一般化したものです。鏡餅は、刃物で切らず、手や木槌で割ったり砕いたりするのですが、これは「切る」という行為が武士の切腹をイメージさせるため、避けられているものだそうです。「切る」という言葉も避け、「開く」という縁起のいい言葉が使われているのも同様の理由です。

戻る

(c)自然総研