TOYRO倶楽部のケータイサイト
愛と希望と勇気の日(タローとジローの日)


1958年(昭和33)年、南極観測を目的とした第2次越冬隊は厚い氷に行く手を阻まれ観測を断念しました。このとき越冬会員はヘリコプターで救助されましたが、犬ぞり隊として参加していた15頭の樺太犬は南極に取り残されました。しかし、翌1959年(昭和34)のこの日に、2頭の樺太タローとジローの生存が確認され、世界を愛と希望と勇気の感動で包んだことから、記念日として制定されました。また、のちに映画となった『南極物語』は、この2頭がモデルとなっています。

戻る

(c)自然総研